サンデー完売続出で無料公開

12月2日発売の「週刊少年サンデー」第1号が完売したことを受け、編集部は同号をWebコミックサイト「クラブサンデー」で無料公開すると発表した。機関は12月9日0時~15日24時までとのこと。
売り切れとなった背景には、同号にスマホゲーム「パズル&ドラゴン(パズドラ)」のシリアルコードが付属していたことが挙げられるという。コードを入力すると「うしおととら」の「とら」が入手できるのだが、かなり強力なキャラらしく、トラを目当てにサンデーを買い占める人が続出する事態に。ネットでは本誌を購入せず特典だけ抜き取るといった犯罪行為も報告されているほか、オークションサイトでは転売されているコードの存在も確認できるそうだ。
毎号購読しているサンデー読者は本誌を換えず涙をのみ、一方でコードだけ欲しいパズドラユーザーにとっては大量の本誌が手元に残るという双方にとって不幸な状態に。売り切れとは言いつつも素直に喜べない結果となった。
今回の件について少年サンデーの市原編集長は、「長きにわたり少年サンデーをご愛顧いただいている多くの読者の皆様が入手することができない事態となってしまいましたこと、本当に申し訳ございません」と謝罪しているとのこと。
パズドラ効果で売り上げが伸びたのはいいが、本当にマンガが読みたい人には行き渡らなくなってしまうのは本末転倒だ。今後はもっと違う特典を考えた方が良いのかもしれない。